YouTube LINEスタンプ

オリジナルLINEスタンプを作ろう!【作成から販売までの流れ】

LINEスタンプ

どうも、ごろごらーごろのすけ(@GORO_gorogorers)です。

こういうLINEスタンプがあったらなーと思ったことはありませんか?
ご存知の方も多いかと思いますが、LINEスタンプは自分で作成して販売することができます。
スタンプの他にも、アニメーションスタンプ、絵文字、着せ替えなども作成可能!
今回はLINEスタンプを作って販売するまでの流れを説明していきます。

スポンサーリンク

LINECreatorsMarket(ラインクリエーターズマーケット)に登録しよう

LINEスタンプを作るには、まず始めにLINECreatorsMarketに登録します。LINEアカウントがあればすぐに登録できますよ〜。

LINEスタンプを描こう

スタンプの個数は8個、16個、24個、32個、40個から選ぶことができます。
せっかくスタンプを作るなら売れた方が嬉しいので、私は40個を目標に作成しています!
また、スタンプの他に「メイン画像」と「トークルームタブ画像」も必要です。
「メイン画像」はスタンプショップの一覧などで表示される画像で、「トークルームタブ画像」はトークルームのスタンプを切り替えるタブに表示される画像です。
メイン画像は一番購入者の目に入るので、インパクトがあるものを選ぶととても良し!

そして、制作ガイドラインや審査ガイドラインを読んでおくことが大事!
作成した後に、「サイズが違った!全部作り直し、、、」なんてことになったら大変です。

ガイドライン – LINE Creators Market
審査ガイドライン – LINE Creators Market

スタンプを登録しよう

スタンプが描けたら画像を登録しましょう。
他にも、スタンプの名前や説明などの情報も登録する必要があります。
スタンプごとにタグを設定することができ、設定したタグの文字をLINEで入力すると、スタンプが候補として表示されます。

審査を受けよう

スタンプの登録が終わったら、審査を受ける必要があります。
審査内容はスタンプのサイズや余白など様々な基準があるので、しっかり確認しましょう。

詳しい審査内容は審査ガイドラインをご覧くださいね〜。
審査ガイドライン – LINE Creators Market

販売開始!

審査を通過したら、ついに販売開始です!
売上は、登録した口座かLINEPayで受け取り可能。

自分が作成したスタンプを誰かが使ってくれるかもしれないと思ったらワクワクします!
最近つくづく、モノづくりって楽しいなあーと思います。
ぜひみなさんもLINEスタンプを作ってみてはいかがですか〜?

コメント

タイトルとURLをコピーしました